スポンサーリンク

建築会社レポート:相羽建設 街づくりや生活スタイルも含めて提案してくれる住宅屋さん OMソーラー・ドミノも採用

本日は東村山に本社がある相羽建設さんのイベント 見学会に参加してきました。
aiba
休日を利用して子供連れで見学会をハシゴしました。午前中は以前ご紹介した「高砂建設」さんの完成住宅見学会で旗竿を敷地に2階リビングのお住まいで、リビングから続く広いデッキが印象的なお宅でした。

お昼は予てより行きたいと思っていた「京都北白川元祖背脂醤油のラーメン魁力屋」さんへ子供たちのリクエストは黄色いラーメン屋さん(幸楽苑)だったけど、ここは私の独断と偏見で魁力屋へ
http://www.kairikiya.co.jp/

kairiki
特製醤油九条ネギ ラーメンを注文しました。メニューの写真よりも多くネギがどっさり盛られていて麺やチャーシューなどが見えない・・・ スープにしばらく浸してから「シャキシャキ」のネギをいただく、うううん うまい。そういえば このブログ投稿は真面目に内容を書こうと思っていたのに、ただの日常を書き込んでいるような気が・・・

さぁ 気分を変えて「相羽建設」さんのお話をしなくては、相羽建築さんを知ったのはOMソーラーや田中敏溥さん・伊礼智さんの情報を検索していた際に何度も相羽建築さんのホームページがヒットしたからです。相羽建築さんのメディア戦略も素晴らしいと思います。一応 私もネット業界関係者なので・・・・
http://aibaeco.co.jp/

今回は、西所沢にある「ソーラータウン西所沢」の「住まい手さんの家見楽会」・「土地販売会」というイベントにお邪魔した。イベントが毎週のように開催されているので時間があれば参加したいと思っていたけど、なかなか行動に移せなかった。子供達が珍しく「大きなお家見に行きたい」というので午前中に引き続き午後も見学会に行くことにした。場所は所沢市 西所沢駅から南西に位置する場所で映画「トトロ」の森の参考となった自然豊かな場所です。

所沢市内へ向かいます 渋滞はなかったけど一般道だから結構時間がかかりました。

到着すると、高低差のある敷地に複数の建物が並んでいました。広葉樹や落葉樹が植えられていて一般的な分譲住宅といわれるような街並みではない効率的な配置と建物と建物の距離感 相羽建設さんの方が出迎えてくれた。今回は住まい手さんのお宅を案内してくれるとのことでしたが、なんと相羽建設さんの社員の方のお宅でした。

築6年 田中敏溥さんの基本設計が活きた間取りで無駄がないお宅です。
極力廊下等の通路を排して居室空間として取り込む。合理的ではありますが広がりを感じることができる。そして当日は暑いと言うほどの気候(気温)ではありませんでしたが、涼しい特に2階部分は自然に風が抜けて天然の扇風機ですよ。お話しをお聞きすると夏でも昼間はエアコンを使わないそうです。寝苦しい夜だけ使用するそうです。暑い夏でもエアコンを使わないのはビックリですね。築6年経過した経年変化を床や柱に感じることができます。やはり家と共に家族が成長していく様は素晴らしい。

子供たちは社員さんの子供達と自然と遊び始めた。何も使わずに追いかけっこしてオモチャで遊んだりと本当にお友達のお宅に遊びに来たような感じです。子供って実は何もなくても遊びの天才だから大人が想像もつかない遊びを考えるんだよね。

で、真面目なお話し まずどのぐらいの予算を想定すればいいのか聞きました。坪単価という考え方ではないのは初めからわかっていたけど、決まり文句のように坪単価ではないとの話から始まった。私が50坪ぐらいの大きさでとお話しすると単純に言えば坪90~100弱を見てもらえればとの事。付け加えると打ち合わせも何もしていない状態なので仕上げをどうするか?造作の家具などはどうするなど考えていないとのこと 上がる下がるは打ち合わせの内容によるとのこと そして50坪という数字はどこから?という話になった。これは私の聞き方が悪かったと反省ですが50坪を目安に話をしているのは間取りを考えたときに50坪ぐらいは必要ではとの考えです。実際に図面を引いてもらった際の坪数でもある。もちろん50坪という数字を大きい小さいと判断もできないような状態です。相羽さんのご担当の方は正しい。

30坪程度のお宅で2300~2500万円が目安として約80万円前後/坪が目安なのでしょう。ただ50坪になった時に単価が下がると思っていたが変わらないとの話。まぁ ちょっとだけ話ただけで判断はできないなぁ

総じて、建物の造りなどは文句なし 間取りも無駄がない ここは一見の価値ありと思います。