スポンサーリンク

家族の住まい計画 2.5世帯の間取りを構想する

先日の事、嫁さんの実家へ行った時に義父と義母へ「一緒に住みませんか?」と2.5世帯住宅の話をしました。

義父は、「娘(嫁の妹)の事もあるからなぁ とりあえず、わかった」と

その後、1ヶ月以上時間が経過しましたが家の話題は出てきません

その間に嫁が妹と同居の話を軽くしてくれました 妹は「私はいいよ」と 嫁さんも「それじゃダメなんだよ」と言ったみたいですが、久しぶりに嫁さんの言動と私の思いがシンクロした感じです。そうなんです。その答えではどちらにも進めないんです。最近の話をすると2.5世帯を実現できなければ、せめて嫁さんの実家近くで建売物件でも探そうと夫婦で話をしました。ただ嫁さんは同居が嫌と言ってないし拒否もしていないからね。と 確かにそうだね。

で、私は2.5世帯の住まいをどのように考えているか?プレゼンをしようかと考えた。


住まいの構想を共有したい

ただ、私だけの思いを理解してもらうのが目的ではありません やはり住まう人がどんな家がいいのか?を真剣に考え始めてもらうキッカケになって欲しいのです。

そして、家に対する考えを具体化したい。

ボンヤリした不安や心配を解消する為に、どんな家を作りたいのかを共有する。

そこからスタートしたい

では、私がどのよう考えているのか

構想

2.5世帯 2階建 親1.5世帯は1階 子世帯は2階となる。次に玄関は共用として靴のまま収納庫へつながる動線を設ける。共用キッチンの近くに勝手口があり、共用キッチンをリビングと親世帯の仕切りも兼ねる。共用リビングはそれぞれの居場所を見つけやすい適度に仕切られた間取りとする。浴室は親世帯 子世帯別で洗濯機も別にする。

1階検討項目

勝手口を土間として、収納を増やす パントリーや親世帯の農作業を考慮 また親世帯の子が気兼ねなく外出や帰宅できるように 親世帯の子用の居室は収納を大きくする。親世帯の収納は部屋とは別に設け親世帯共用とする。

2階検討項目

サブリビングを設ける 子供に遊び場兼子世帯夫婦の空間 簡易キッチン水栓だけでも 収納を充実させたい 大きな収納というより高さのある作り付けの棚やスキップフロア(ロフト)収納

これ以外にも共用部の検討項目があるが、それは次回にしたいと思います。