スポンサーリンク

相羽建設(伊礼さん設計)の「i-works2015」というモデルハウスを見学させていただきました。

本日は先日入居宅(社員さん)を見学させていただいた相羽建設さんのモデルハウスを見学へ東村山市まで遠出です。と言っても午前中から所沢の航空発祥記念館・航空公園へ子供達とお出かけした。ついでに伺いました。

写真を撮り忘れた訳ではなくWebサイトに詳しく掲載されているので、改めて撮る必要はないかもなぁと心のどこかで思っていたのでしょうね。

私が気になっていた「i-works2015」という建築家伊礼氏の設計住宅がある。2階建て28.18坪という大きさはどの程度なのか?
※小屋裏含むを含めると33.41坪ある。
i-works2015

まったく設計の意図を理解していないので間違っているかもしれないのですが、i-worksは出入りのない総2階が特徴なのですが「i-works2015」は3.5間×3.5間をベースに1階部に1.5間×2間を加えて畳の間と納戸を設けています。これなら親世帯との同居も可能かもしれないし客間として利用できる。

間取りに関しては考えられている1階部の水回りはお風呂・洗面・台所は北側の壁に並び居間とは別の回れる動線があるので家事の勝手は良いのではないかと思います。

2階部は将来的には仕切りを設ければ家族4人の寝室や部屋にできるし、インナーバルコニーと洗濯機置き場が2階にまとめられているのは共働きの家庭にはありがたい。

小屋裏は5坪以上あるので子供の遊び場や書斎・収納・趣味の部屋などに使える十分すぎるけど、小屋裏までは蹴込板がない階段で通風や採光を考えれば合理的ですけど落下の危険もあるので蹴込板はほしいなぁと個人的には思いました。

そして1階の居間から全開の引き込みサッシを開ければデッキが続き天気の良い日は気持ちのいい場所になるのは間違えない。加えて外構の植栽も考えられている四季を感じながら暮らせるのではないでしょうか?

続いて、隣の3階建ては木造ドミノといわれる箱を作り適度に仕切ることができる住宅で壁が耐力壁や筋交いも兼ねるので大空間を必要とする方や将来的に仕切って使うなど住まいを衣替えのように切替できるのが素晴らしい。

相羽建設さんの取り組みには感心させられる
また、時間がある時に伺います 子供達もモデルハウスの係りの方(年配の女性)と仲良く遊んでました。
子供「また行きたい」と