スポンサーリンク

カーテン・ブラインド・ローマンシェードどれが最適なのか?窓際の印象を変えるには

建築は順調に遅れだしているのですが後半の挽回に期待しながら今日はカーテンについて書きます。

「カーテン」だけじゃない

カーテンをイメージするとカーテンレールが窓枠の上に取り付けられていてレールの両端に片開きでカーテンがまとめられる物を想像しますよね。私もそうでした。

様々な種類がある

カーテン ブラインド シェード ロールスクリーンと窓からの視線や日光を遮ったり部屋の仕切りにも使われます。それぞれのメリット デメリットがある

掃き出し窓に最適なのは?

我が家には約2間(3600mm)の掃き出し窓が1階南側にあります。当初は1.5間の大きさになると思っていたら結局は2間になりました。

こんな吐き出しに最適なのは?普通のカーテンか シェードが良いと思います。ロールスクリーンは小さい窓や高窓などには良いのですが2間の大きさだとロールは重くなるし窓を開けて風を取り込むとスクリーンが風を受けて暴れ出すはず、ブラインドは機構的に壊れやすく子供がいる家には向かないのではないかと思うのです。

結論としてはシェードかカーテンで個人的には窓枠(木)を見せたいので上部に布地はまとまるシェードが良いと考えている。しかし掃き出し窓からの出入りを考えるとカーテン開閉の方が面倒ではないか?どちらを採用するか?

開閉しない窓(フィックス)は?

我が家には採光を確保するために開閉できないフィックス窓がリビングと階段室にあります。上下に日差しを調整できるシェードやロールスクリーンが最適だと思う。

最終的には

保育園のママ友さんにニトリの社員の方がいて色々と相談にのってくれて大変助かりました。ニトリのオーダーカーテンのシリーズから選ぶことになりました。聞くとニトリのオーダーカーテンは実はメーカー品のOEMみたいなもので品質も良い。

そして、ありがたい事にママ友の株主優待券を利用させていただき全品10%OFFになり、加えて期間限定のキャンペーンで15%OFFになり総額で3万円以上お得なりました。

実際に取り付けてから改めてレポートをアップさせていただきます。