スポンサーリンク

アップルホーム 外断熱と全館空調で半地下から小屋裏まで温度差が少ない快適な家!評判や坪単価?

埼玉県狭山市にある「狭山不動産」の建築部が分社化した「アップルホーム」です。

特徴はHPから転用

Index of /

私たちが生活できるのは何事も健康あってのものだからです。どうすればお住まいになる方がより健康で楽しく暮らして頂けるかを追求してきた結果、現在の外張り断熱、空調システム、自然素材等の工法・設計・仕様に至りました。
皆様に健康で幸せに暮らせる家造りを、是非して頂きたいと考えております。

で、正月早々に所沢市小手指に昨年オープンした展示場へお邪魔しました。伺う3時間前に電話で連絡し展示場がオープンしている事を確認、営業さんもいるみたいです。

展示場に着いて、営業さんからお話を聞きます。

アップルホームさんの特徴は?

ズバリ「自然素材×外張り断熱×全館空調 」ですね。

アップルホームさんの展示場へ入るとヒノキとスギの香りが、展示場などの玄関に入った瞬間に感じる感覚を重視しています。その点で言えばアップルホームさんの建物は木の香りがしていて清々しい感じ、自然素材ですね。

展示場へ伺った当日は1月初旬で外気温が4℃しかも雨が雪に変わる予報がありましたが、室内は暖かく22℃ 玄関ドアを閉めると雨音は消えました。外張り断熱は建物をスッポリと断熱材(ネオマフォーム)で包むので熱が逃げず外気温に左右されにくい そして外の音(騒音)まで軽減してくれる。

営業さんに全館空調の機械を見せてもらった。仕組みは単純で室内の空気を吸入しフィルターで埃や花粉などが取り除かれ、外気はアズビル社の熱交換器で同じ様に埃や花粉を取り除きエアコンで温度を調整し各居室へ伸びるダクトを通じて供給される。すると北側の部屋も台所もお風呂も温度差が少なく夏涼しく冬暖かい室内環境が出来上がる。

もっと詳しく話を聞きたかったけど、一番聞きたいのは予算感です。アップルホームさんは「優楽木の家」「さわやか家」というシリーズが主で、ほとんどのお客さんは「さわやか家」だそうです。大体の坪単価は52万円対して「優楽木の家」は65万円で違いは分からないと思いますとの事(私は分かりますよ)

展示場は若干豪華仕様なので、いつも聞くのですが標準以外の部分はどこですか?営業さんは答えてくれました。アップルホームさんの小手指はZEH対応でサッシ等が断熱性の高い製品でした。また住設も若干ですがグレードが良い物らしいです。

費用のお話をするとお客さんの事例から床面積30〜35坪程度の家だと給排水や照明など揃えて住める状態で総額2200〜2500万円前後が多いらしいです。なので実質の坪単価は80万円前後となります。安い高いは申しませんが構造材が全て無垢で床板の下の捨て張りもベニヤではなく杉の無垢で全館空調も込みでの価格なら納得です。それ以外にも基礎を含めて断熱しているので床下も室内と変わらない環境となり収納庫として半地下を作ることも出来るし、小屋裏を利用した居室もしくは収納庫が出来る。

良いことばかりだと宣伝しているみたいなので一言 外観はパッとしない 悪く言うと一般的で建売と変わらない。出来れば注文らしく大胆に作り込んで欲しい 特に軒は深くして欲しい。それから室内の収まりが若干違和感を感じる全てがそうではないとは思うのですが巾木が取って付けた感がある。そして柱と壁の収まりも苦労が見える

色々申しましたが、私はアップルホームさんのコンセプトには賛成です。建築の候補としていただいて良いのではと思います。繰り返しになりますが坪単価52万円で「自然素材×外張り断熱×全館空調 」を実現する企業努力は素晴らしい 他の建築屋さんは全館空調の様な設備はオプション扱いとなる事も多いので

皆さんの参考になれば幸いです