スポンサーリンク

玄関の壁にコート掛けや荷物を吊るせる金物をDIYで取り付けしました

我が家の玄関は狭い!大きさを具体的に数字で表すと0.75坪程度の土間があるだけ、玄関は家の顔だからと良く言われますよね。私も余裕があれば大きめの玄関にしたかったなぁと・・・ しかし玄関もよくよく考えると玄関で応対する来客は親しい間柄でもないはずだし、玄関は入退室時に使うだけで部屋ではないのだから玄関としてのスペースは逆に狭くても良いのではないか?とも考えられる。

そんな個人的な考えは別にして今日は玄関の壁にコート掛けや荷物を吊るせる金物取付をしたので報告します。

玄関の壁を有効活用

玄関って何かと物があふれますよね。傘・雨具・ホウキ・長靴など すると途端に玄関は狭くなり使い勝手の悪いスペースになってしまう。来客が多い家なら収納庫を別で準備するべきですが、我が家の場合は日常生活を快適にすることを重視していますので壁も含めて収納として利用することを設計段階から考えていました。

訳あって寸法入りです。

フックを取り付ける

設計段階でアーキテクトビルダーさんに相談していたのはコート掛けと小物を置ける棚板でした。取り付けもしてくれるのかなぁと思っていたのですが、結局は施主側での取り付けでした。それはそれでOKです。自分達で好きな物を取り付けできるので

案外安い金物類

取り付けるフックを購入する為に向かったのは「カインズ」

カインズ総合サイト|CAINZ
オリジナル商品を開発中!ホームセンター「カインズ」の公式サイトです。

数あるホームセンターでも私は「カインズ」が好きです。オリジナル商品も充実していて何でも揃うのがいい。そしてクルマで20分程度の場所に大型の店舗があるので利用しやすいのが一番だと思います。以前から気になっていたアイアンの金物があり玄関のフックにピッタリではないかと思っていました。

購入品は

ここで役に立つニトリのアプリ

以前、紹介したニトリのアプリ「サイズwithメモ」の登場です。事前に測った玄関の壁の寸法を見ながらフックの個数を決定します。最終的には5個のフックと取り付けのネジを購入しました。

電動工具は必須かも

これまで賃貸では大掛かりな工具は必要なくドライバーとカッターがあれば十分でしたが電動ドライバーがあると何かと重宝します。本当に! 義父に電動ドライバーを借りて作業します。

取り付け後はこんな感じです

コートなどを掛けるにはフックの間隔が狭いと思うのですが、フックを一つ空けて掛ければいいかなぁと考えています。

このフックを取り付けた上に荷物棚を設ける予定です